突然の足の臭い!原因は…?

私は元々、足の臭いに悩んだことはありませんでした。

真夏にたくさん汗をかいた日に、少し気になるかなと思う程度です。

しかしある日突然、足が臭っていることに気付きました。

汗をかいたわけでもなく、ましてやまだ寒い季節のことでした。

しかも臭いは、その日一日だけではなく毎日続いたのです。

プルーストクリームの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

いったい原因はなんだろうと、あらゆる可能性を考えました。

まず頭に浮かんだのは、靴で蒸れて臭っているということ。

しかし今までずっと履き続けていた靴ですし、在宅ワークの私は、一日の内で靴を履いている時間は極めて短いのです。

ほかに考えられる原因は、生活習慣。

食生活や睡眠、ストレスなどで体臭が変化することは知っていました。

ただ食生活には日ごろからかなり気を付けているし、睡眠もしっかり取れている。

ストレスに関しても、環境に変化はないし思い当たる節がありません。

そうこう悩んでいるうちに臭いは消えるかな、と楽観的に数日放っておいてもみましたが変化なし。

インターネットでさらに詳しく調べてみると、気になる記述を発見しました。

「お風呂上りにすぐ靴下を履くと、臭いの原因になる」

この文を読んだ瞬間、これだ!と目の前が開けました。

お風呂上りに足がまだ濡れているにもかかわらず、寒いからとそのまま靴下を履いていたのです。

もちろんタオルで拭いてはいましたが、適当に軽く拭くだけでした。

少し湿っているけどすぐ乾くだろう、靴下が水分を吸収してくれるだろうと思っていました。

インターネットの記述によると、湿ったまま靴下やスリッパを履くと菌が繁殖するのだそう。

これを毎日続けていたせいで、私の足は臭っていたのです。

それからは、タオルでしっかり水分を拭き取り、少し時間を置いて完全に乾いてから靴下を履くようにこころがけました。

すると数日で臭いは消えていきました。

足だけでなく体臭がするだけで落ち込みますし、人に会うのも億劫になってしまいます。

日々の生活のほんのささいな行動で、体は敏感に反応することもわかりました。

体のサインを見逃さずに生活していくことは、大切だと気付かされた出来事でした。