スキンケア」カテゴリーアーカイブ

男性のスキンケアにも「乳液」は必須

最近は男性でもスキンケアをする人が増えています。

乾燥したカサカサ肌と、うるおった瑞々しい肌とでは印象がまったく違いますからね。

お肌の状態は「清潔感」に直結します。

洗顔したあと、化粧水を使っているという男性の方も多いのではないでしょうか。

ここで一つ質問があります。

男性の皆さん「乳液」を使っていますか?

「乳液までは必要ないでしょ」なんて思われたかと。

「化粧水だけで十分」と思っている男性は多いですもんね。

しかし「化粧水だけ」というのは、実は問題があります。

その問題とは、化粧水だけだと肌がよけいに乾燥してしまう場合があるんですね。

なぜなら、化粧水の中身は保湿成分が含まれてはいますが、ほとんどが水なんです。

冬の乾燥した季節、化粧水をつけても肌がカサカサで粉を吹いてしまうことってありませんか?

効果はどう?nicoせっけんを購入して3ヶ月間使ってみた私の口コミ!

「化粧水をつけているのになぜ」と思いますよね。

原因は、肌表面についた水が蒸発するさいに、肌の乾燥を招いているからです。

そこで重要となってくるのが乳液。

乳液の役割の一つが「油分で水分の蒸発を防ぐ」こと。

お肌から水分が逃げていくのを防いでくれるわけです。

つまり化粧水をつけたあとは、必ず乳液で保護してあげることが必須なんですね。

せっかくお肌のためにスキンケアを実践するなら、化粧水にプラスして乳液をぜひ使ってみてください。

特に乾燥肌でお悩みの方には乳液の使用がおすすめです。

うるおったお肌は、見た目の清潔感がグンとアップしますよ。

私のお肌の悩みはいつもシミができていて嫌なことです。

私は目のわきにシミがあります。なので外に出るときにそのシミを見せたくありません。なかなか思い通りに行かないのですごく嫌ですしすごく辛いなと思います。でもマイナスな気持ちでばかりいてもどうしようもないのでどうしても辛いなと思うときには人前には出ません。そして外出も極力控えるようにしています。

http://www.toongabbieanglican.org/

その方が何かしらいいと思いますしその方が絶対にいいと思っているからです。そして子どもがいるとどうしても外に出なければならないのですがそれはそれで仕方がないかなと思っていてそういうときは多きめの帽子をかぶって深くかぶっていつも行くように心がけています。

そうすることによっていつもよりも紫外線をカットできますしいつもよりも長くいることができるからです。何となく気持ち的にも余裕があればシミなんてどおってことないと言う気持ちになると思いますが私の場合はそういう気持ちになれない日の方が多いので仕方がなく毎日過ごしています。

このままどうしようもなく毎日過ごしていてもいつかはシミだらけになってしまうのかと思えば思うほど辛いです。しかしながらなんとかその日常を頑張ってたもたなければなりません。何とかしてがんばろうと思います。

鼻に詰まった白いブツブツ!角栓が取れない!

年々気になり始めた鼻にできる白いブツブツ
肌が痛むのはわかっているものの、最初はすぐに効果が出るので、指で押し出していました。http://www.liselendais.com/

もちろんきれいになる箇所はあるものの、失敗すると次の日ニキビになって結局跡が残る始末。

ニキビになった箇所は余計に目立つし、出かける際は目立たないようにファンデーションを厚く塗るせいで、治りが悪く逆効果すぎました。
これではダメだと、毛穴パックを試してみると、スルッと角栓が取れている!

ただ、即効性はあるもののなんだか、余計に毛穴が開いてしまい余計に角栓が溜まりやすくなった気がしています。

毛穴洗浄用の筆型ブラシを買ってみましたが、即効性はないのでなんとも実感が湧かずにモヤモヤ。
とにかく気になるせいで洗顔も日にちに力が入り始め、ゴシゴシ洗いをしている状況です。

色々試しても本当に効果がないので、今度はスキンケアだ!と思い化粧品を変えたこともあります。

ですが年々、洗顔後につける化粧水や保湿クリームや美容液が増えていき、スキンケアにかける時間が長くなるばかり。
もちろんお金もかさみます。

ただ、ケアを怠ると角栓が増え、ケアをするためには新しい化粧品が必要で、新しいものを買うと出費が増えて…確実に悪循環に入っている気がします。
もう少し簡単にスルッと角栓が取れて、その後も毛穴が開くこともなく、きれいな肌を保つことはできないのか。
悩ましい限りです。

これが噂の、お肌の曲がり角?

学生時代?20代前半までは特にケアしなくても色白で綺麗な肌と褒められてきました。

ビューティーオープナージェルの口コミ

ベースメイクも日焼け止めだけで済んでしまうくらい、本当に綺麗な肌だったなと今となっては思います。

それが出産を経て30代に突入した途端、シミが気になり始め、肌のくすみが気になり…

一番驚いたのは、昔はどんなに「さっぱり」と書いてある化粧水でもぬるぬるするし肌はベトベトするしで不快だったのに、本当に商品名のまんま「さっぱり」とした水としか感じられなくなったことです。

あぁ、知らないうちに肌も乾燥していたのねとショックを受けたのを覚えています。

これが噂の、お肌の曲がり角なんだ!と確信し、ベースメイクやスキンケア用品を見直しました。

より肌に良さそうなBBクリームでケアしつつシミやくすみを隠し、肌が明るく見える色味のフェイスパウダーのベースメイクに変えました。

スキンケアに関しては、美白美容液→ジェル状化粧水→オイルに変えてからは冬にも関わらず乾燥が気にならなくなってきたので少しホッとしています。

メイクしている間は肌のシミやくすみは気にならないのですが、すっぴんになると「肌が汚いなぁ」と落ち込みます。

ベースメイクもスキンケアもまだまだ模索中なので、肌の状態や季節に合わせていろいろな商品を試して少しでも綺麗な肌になれるよう努力するつもりです。

ニキビ跡が出来た場合のケア方法

ニキビ跡が出来た場合、シミやクレーター場となります。そうなる前のケア方法を簡単に紹介します。FACEEリキッドセラムプラスの効果

 まずはビタミンCでケアしましょう。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制し、メラニン色素による色素沈着を薄くしてくれる働きや、ターンオーバーを正常化する効果が期待できます。

 次が適度な運動や睡眠です。適度な運動によってターンオーバーが促進されると言われます。汗をかくことで肌の水分が増し、毛穴に溜まった皮脂や老廃物を排出してくれたり、角質を柔らかくしてくれます。不規則な生活リズムやストレス、睡眠不足や紫外線もターンオーバーの乱れに繋がるため、十分な睡眠をとり、ストレスをためない様に心がけましょう。

 最後がバランスの良い食事です。肌を良い状態に保つには、内側からのケアも重要です。1日3食バランスの良い食事を心がけましょう。ニキビに良い栄養素は、ビタミンが豊富な緑黄色野菜、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2・B6、コラーゲンを生成しメラニン色素薄くしてくれるビタミンCなどが有ります。脂肪分の摂取も控える様にしましょう。

以上がニキビが出来た後のケア方法です。ケアはすぐに行わないと治らない場合が有ります。ニキビが出来たらすぐにケアするようにしましょう。

できる、治る、またできる・・・大人のニキビ

ニキビのないつるつるゆでたまご肌の方を見るとほんとにうらやましくなりますよね。特に脂性というわけでもなく、反対に乾燥肌というわけでもないのに定期的にできる大人になってからのニキビには悩まされます。化粧の落ちが悪いと毛穴に詰まった汚れが炎症を起こしニキビになる、と聞けばよく落ちるクレンジングを使ってみたり。

辛口評価!巣顔美人の効果と私の口コミ!販売店での市販状況もご紹介!

ゴシゴシ洗うと刺激になり、肌トラブルのもとになると聞けば、泡立てネットで洗顔フォームをもこもこに泡立ててから優しく洗ってみたり。ビタミン不足と聞けば、サプリメントを飲んでみたり。寝不足がニキビの原因だと聞けば、1時間早く寝てみたり。ストレスでホルモンバランスが崩れるからと聞けば、マッサージに行ったり映画を見たりとリラックスタイムを作ってみたり。いろいろ試してきましたが、どうしてもできては治り、またできるの繰り返しです。

小さいうちに薬を塗ってはみるものも、どんどん大きくなって結局潰れて跡が残ってしまうことが多いんです。周りの人たちよりもたぶんできやすい体質なのかもしれないとあきらめかけています。今はネットとかでもよく広告で見かけるクレンジングバームを使っているんですが、これがなかなか私には合っていて、ニキビができる頻度が減ってきているように思えます。完全にできないというわけではないですが、しばらく使い続けてみようと思います。

たるみに効果あり!美顔器の選び方

中年になったと、鏡を見て実感するのが「たるみ」です。顔のたるみは、年齢をマイナスとして痛感させられる問題です。モイスポイントの最安値通販

いくつになっても生き生きした微笑を届けたい女性に、手軽にハリのあるお肌を取り戻してくれるのが「美顔器」です。美顔器は、美しいフェイスラインを手軽に得られる優れものです。

美顔器のデメリットは安くないこと。5000円ほどから40000万円ほどまで価格に幅があります。何に注目して選んだら良いのでしょうか?

まずは、使いやすさが大切です。美顔器は効果がすぐに実感できる物ではありません。継続して使用した結果、効果は見えてきます。毎日使うのに便利な作りの物を選びましょう。

片手で持てることは必須です。人気の美顔器は片手で操作しやすい重さになっています。ちなみに片手で簡単に扱える重さというと、250グラム程度が目安でしょう。口コミを見ても、250グラムを超えると、軽いという評価は見られなくなるようです。

次に、お肌の手入れは入浴中にするという女性が少なくないため、防水構造になっていることも注目ポイントです。ただし、防水構造になると、お値段もそれなりになります。20000万円は超えると考える必要があります。軽くて超音波の美顔器で5000円台の物もありますが、その価格帯だと防水構造は望めません。お肌の手入れをどこでするのかを考えて、防水構造にするのかどうかは考えると良いでしょう。

女性の敵シワについての調査

特に女性は顔のシワが気になります。年々鏡を見ればシワが増えているという悩みについて今回調査してみます。http://www.festivalcinemadarte.com/

シワの原因ですが、近年スマートホンの普及で利用する時間が長くなり目線と一緒に口元や頬が下がることがクセになり、ほうれい線の原因となる顔の表情筋が衰えてきます。20代でも、コンタクトレンズた盛りメイクは目の周りの負担となり小じわの原因になります。外部からの表情の癖などはシワの原因となるわけですが、これは大きく2つに分かれます。真皮性のシワと表皮性のシワです。それぞれを知っておくことが対策の第一歩です。

真皮性のシワですがコラーゲンとエラスチンは肌のハリと弾力を保つ役割が有ります。年齢とともにハリや弾力が維持できずシワとなっています。つまりコラーゲンとエラスチンの修復がシワの改善となります。

次が表皮性のシワです。乾燥刺激によるもので、肌が乾燥することで刺激を外部から受けやすくなっています。これを放置しておくと真皮層に悪影響を及ぼし真皮性のシワの原因にもつながります。とにかく肌を乾燥させないことが重要なポイントです。

対策として内面、外面、精神面のケアが有ります。紫外線や乾燥などの影響で弾力やハリが失われシワが進行していきます。紫外線や摩擦を避け十分な保湿と外面、内面、精神面のケアをすることがシワの改善に繋がります。

お肌の曲がり角曲がり続けてます!!

学生時代はニキビや肌トラブルもなくメイク道具もメーカー・値段も気にせず自慢の肌でした。

夏でも、日焼け対策なんて全くしてませんでした。

それがいけなかったのかは分からないですが。

モイスポイントの効果

俗にゆうお肌の曲がり角と言われる25歳過ぎた頃から、ニキビや化粧ノリの悪さが目立ち始めました、そこからはニキビが繰り返し同じとこにできたり、透明感のなさ、小鼻の毛穴など悩みが盛りだくさんです 笑

ニキビ肌が改善されると謳われてる化粧品を使ってみたり、薬を塗ってみたりしました。

一旦治ったかなと、思われた時期もあったりしましたが、今現在30代後半ニキビの数は多くないですが、繰り返しできたり、出来た跡が消えないという悩みが増えました。毎日ファンデーションで塗り重ねて隠す日々です。それがまたダメなんじゃないかなとも思ったりもしてますが、すっぴんなんて絶対見せれない!今はマスクが当たり前のこのご時世少し隠せてるというメリットもあったり!!

原因はやっぱり年齢的なものなのか、ストレス性のものなのか?

食事が悪いのか?生活スタイルを変えないと治らないのかな?なんて思ったりしています。

今のスキンケアが合ってるのかどうかも分からないですが、新しく買い換えるのにもお金がかかるし肌に合わなくてさらにトラブルが増えたりしたらと不安です。