口臭」カテゴリーアーカイブ

口臭の原因を探って改善するには

口臭の原因は、心理的なもの、口の中に生息する細菌がタンパク質を分解する事で発生するガスなどです。これらを取り除く事で、口臭を大幅に抑える事ができ、周囲に不快な思いをさせなくて済みます。

本音口コミ!ちゅらトゥースの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

細菌の増殖を抑えるには、唾液の分泌量を増やす方法があります。分泌量が減っているのであれば、噛みごたえのある物をよく噛んで食べたり、ガムを噛んだりすると良いでしょう。また、適度に水分補給を行って、口の中が渇かないようにするのも効果的です。

ストレスが原因で口が渇き易くなったり、口呼吸をする事が多いために口が渇き易いという事もあります。ストレスを減らす為にリラックスが出来る事を行ったり、口呼吸をしないように習慣をつける事も改善に繋がります。

歯と歯の間に食べ物のカスが溜まる事で、これを口内の細菌が分解して硫化水素やメチルメルカプタンやジメチルサルファイドを発生させますので、食べ物のカスを取り除く事は、口臭予防には大切です。方法としては、デンタルフロスや歯間ブラシを使うのが良いでしょう。また、これらを行う時間が無い場合は、ぶくぶくうがいをするのも効果的です。食事をした後には、食べ物のカスが溜まったままにならないようにするだけで、大きく改善出来ます。

マスクの中の口臭が気になったら

今まで私自身、口臭を感じた事はなかったのですがコロナ禍で外出の際ずっとマスクを着用する機会が増え、口臭が気になる様になりました。
お話ししている方でたまに口臭がすごくて胃腸が弱ってらっしゃるのかな?と内臓を心配する事がありますが、自分も自分では気付かないだけで臭ってたら嫌だなと人一倍口臭には気を遣い歯磨き粉などはとても念入りに行うのですが、マスクを付けているとあれ?と思う時がありました。

http://leseigneurdesrobots.com/

それ以来なぜそうなるのか考えて、今ではマスクを付けていても口臭が気にならなくなりました。歯をしっかりちゃんと磨くことはもちろん大事ですが、舌を磨くことも大事だと気付きました。舌には汚れがたくさんついていて、その中にはウィルスもついている事もあると聞きました。(舌磨きはインフルエンザ予防にも効果的とテレビで観ました。)

だからと言って汚れを落とそうと力いっぱいゴシゴシ舌を磨くのは良くないので、歯ブラシを使って優しく全体を磨くと舌も綺麗になり口臭も気にならなくなりました。舌磨き専用のブラシも売っているので、それを使いながら歯を磨くついでに舌を磨いたり、外出から戻ってきた時にうがいのついでに舌磨きしたりして口臭対策しています。今ではマスクの中も快適です!

そのイヤなお口の臭い、歯周病が原因かも!

近頃はマスクをつけることも多く、息がマスク内にこもることで、自分の口臭が気になる方も増えているとか。

http://www.safran-de-lectoure.com/

そんな口臭の原因にはさまざまことがあげられますが、その中でも特に年齢が30代以上に多いのが「歯周病」。

今や現代の慢性疾患の一つとも言える歯周病、特に年齢が30代以上になるとその罹患率は80%を超えると言われています。

では、なぜ歯周病が口臭の原因になるのでしょうか。

そもそも口臭の原因物質でよく取り上げられるのは、揮発性硫黄化合物といわれるものです。

その揮発性硫黄化合物のおよそ90%を占めるのが、硫化水素、メチルメルカプタンといわれる物質です。

ではこの二つの物質は一体どうやって作られるのでしょうか。

お口の中には、嫌気性菌と呼ばれる、つまり酸素がない状態で生息する菌がいます。

この嫌気性菌が、唾液や食べカス、血液などに含まれるタンパク質、アミノ酸を分解することで作られるのです。

歯周病の患者さんのお口の中にはこの嫌気性菌が多く、特に、歯茎と歯のすき間、いわゆる歯周ポケットと言われる所に付着している歯石に多く存在します。

歯周病は歯茎の炎症から始まる疾患なので、当然小さな出血も生じていますし、食事の後のブラッシングが滞ったりすると食べカスも残ります。

つまり、歯周病であるということは嫌気性菌が上記の二つの物質を作り出すのに格好の環境にあるということなのです。

さらに厄介なのは、この嫌気性菌を多く含む歯周ポケット内の歯石は、セルフケアでは除去できないということです。

口臭予防のためのデンタルリンスや歯磨き粉は根本的な解決にはなりません。

口臭を何とかしたい!と思っている方は、まずは歯周病になっていないかどうかを歯科医院でチェックしてもらうことが大切です。

その上で、必要であれば歯周病治療を受け、適切なセルフケアを行うことが、口臭対策の近道であるといえます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

口臭を防ぐアイテムについて

初めてできた彼女とイチャイチャしながら、キスをする時、「〇〇君、口臭いよ」と言われました。キラハクレンズの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

その時は結構ショックでそんな馬鹿なと思いましたが、自分の臭いは自分では気づけないと思い、口臭があると知りました。

その後、彼女から「モンダミンって知ってる?それ買ってきてうがいした方がいいよ」と言われました。

モンダミンという物自体、初耳であった為、色々調べてみると「口臭ケアの液体」である事がわかりました。

さらにコンビニで売っていて価格も400円くらいと薬液としては安い為、すぐに近くのファミリーマートに行き、モンダミンを買いました。

実物は200mlくらいの小さめの容器に入った薬液で、ほぼ透明です。使い方は、まず容器の蓋を取り、蓋に薬液を入れる。そして入れた薬液を口の中に入れ、30秒ほどうがいする。そのうがいを2?3回繰り返せばOKというものです。

実際にやってみると、口の中がスースーしてスッキリした感じになりました。舌も含めて薬液が臭いを消す様な感じです。

モンダミンの効果で、彼女とのキスも嫌がられずに済んだと思います。自分の臭いは自分では気づけないため、仲のいい人に指摘してもらう事がいいと思いました。

以降、彼女が教えてくれたモンダミンは携帯してます。

口臭が気になり始めたきっかけ

数年前から自分の口臭について悩みはじめました。

ブレスマイルウォッシュは販売店での市販なし…!

そのきっかけは、家族から指摘されたことです。ある日旅行に行くために家族と電車に乗り、並んで座っていたときのことです。隣り合わせていた姉と楽しくおしゃべりをしていたところ、ある瞬間にその姉が変な表情を浮かべました。「どうしたの?」と心配になって聞いてみると、とても言いずらそうに「実は、、、あんたの口臭が匂ったんだよね」と言われました。

私はその言葉にとてもショックを受け、“他の家族や友人にもそう思われていたのかな?”“自分は接客業だから、まさかお客さんにまで不快な思いをさせてしまっていたのかな?”とその瞬間にいろいろな不安が頭を駆け巡りました。その後の旅行中はもちろん、それを言われた日からは常に口臭を気にして過ごしてきました。話す距離が近いときや、食事の後、起床時は特に。

しかしそれをきっかけに、口臭を抑える歯磨き粉やマウスウォッシュ、こまめに口をゆすぐことや歯間ブラシを使うこと、また、これは効果があるのかわかりませんが、自分なりになるべく息を吐き出さない話し方を心がけるようにしたお陰か、姉からは「最近、匂わなくなったね」と言われ、すごく安心しました。

そう言われた安心感と、コロナの影響で常にマスクをつけるようになったことも相まって、最近は昔ほど口臭を気にする時間は減りました。口臭は人とコミュニケーションをとる上で大切なことの一つであると考えています。これからも、適度に口臭のことを気にしながら生活していこうと思っています。

口の中の臭いは原因は様々

口臭はどのようなことで生まれるのか、といえば主に雑菌的なものからです。http://keepournetfree.org/

口の中にいるバクテリアが繁殖することによって、口の中の匂いというのは悪くなるということになりますのでこれはかなり良く知っておいたほうがいいことになるでしょう。

つまりは、バクテリア計はどうしても臭い物質を作り出すということになるので酸っぱい香りなどがよく出たりします。意外と勘違いされがちなのがいい匂いの強い食べ物によって発生するということです。

そうしたことがないわけではないのですが、あんまりメインとなるようなことではないです。

大事なのはなんといっても雑菌なのです。ですから、この雑菌をどうしようか、ということを考えてみることです。しかしそれだけでもないのでなんといってもまずは口臭の原因を特定する、ということです。例えば虫歯が原因ということもあるわけです。歯垢が原因である、ということもあります。

こうしたことであれば治療するということで口の中の香りというのは改善することになります。しかし、お金もかかることになりますから、その点は覚悟しておきましょう。ですが、雑菌などはよろしくないことは間違いないわけですから、これはとても重要なことです。