口臭」カテゴリーアーカイブ

きちんと歯磨きしているのに臭う人にはコレ!

私は数年前からフィリップスの電動歯ブラシソニッケアーで丁寧に歯磨きをしています。
ですが、一年ほど前、夫の運転する車の助手席に乗っていたとき、いつも通り楽しくおしゃべりをしていると、ふと夫から『最近なんか息が臭いよ?体調悪い?』と聞かれました。

評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

以前から体調が悪くなると口臭が気になることがあったのですが、その時はまったく健康そのものだったので、とにかくショックでした。
しかも、そう言われてみて、手のひらに息を吐いてみたのですが自分では分からなかったんです。
朝晩きちんと磨いて、こまめにマウスウォッシュでうがいし、半年ごとに歯科検診を受けに行っていたので十分だと思っていたのですが…。

色々と調べて、ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)が良さそうと知り、使ってみることに。
ジェットウォッシャーは、水流を歯間や歯周ポケットに当てて汚れを取り除いたり、歯茎をマッサージをする機器です。
最初の数日は、低い水圧でも弱った歯茎に刺激が強いのか、痛くてたまりませんでしたが、だんだんと歯茎が締まってくるのが目に見えて分かってきて心地よさを感じるように。

数日して夫に口臭の件を聞いてみると、臭わなくなったよ、とのことでした。
それから一年、2回ほど歯科検診に行きましたが、歯石もほとんどなく、あっという間に受診が終わるようになりました。口臭予防も含めて、お口の健康にかなりの効果を感じています。ジェットウォッシャー、おすすめです!

娘の口臭がきつかった件

ある日、気が付いたんです。キラハクレンズの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!
家の娘、口が臭いかも、、

気が付いたのは、娘が小学校の時です。
娘の学校では、音読が日課で宿題がありました。
いつものように、隣で音読を始めて間もなくでした。

今日、歯ブラシしたよなとか、
給食で、変わったもの食べたかな?
味の濃いもの食べさせたかな?
色々考えましたが、思い当たりません。

観察するようになってから、口臭のきつい日があったり、全然ない日があったり
食べたものでわからない日があったり、
中々観察するのも大変でしたが、体調によっても、違うこと、
不調の時は、また、違う口臭でした。

そこで、考えたのが、歯磨き粉を変えてみる。
毎日歯磨きはしていましたから、たくさん買い換えました。
普通の歯磨き粉、少し値段が高いものまで、試せるものは試してみました。
中々、改善はされません。
今も思考錯誤しています。

その中で使ってよかったものは、なたまめ歯磨きです。
近くのドラックストアーで見つけました。
口の中がさっぱりして、使用感はとても良かったです。
味は普通です。
苦くもなく、辛くもなく。

娘の朝、学校に行くときはすっきりして、口臭もないような感じになりました。
学校ではお昼歯ブラシをするだけなので、午後からは、多少匂いがする気がする日がありました。
私もコーヒーを沢山の飲む方なので、口の中がさっぱりしたいときには本当にいいです。

ただ娘も年頃なので、自分でいろんなものを選ぶ年頃になってきてので、最近は使ていません。
いずれ、なたまめ歯磨きに戻るんだろうなと、思っています。

最近本人が気にするようになってきたようです。
サプリメントを使ったり、しています。
最近は、なたまめ茶を使ってみようと思います。

口臭を変えるにはまず生活習慣から

最近発見したことがあります。http://www.suisaniwakawa.jp/

私は現在30代ですが、20代のころからなぜか顔から「赤ちゃんの匂いがする」「石鹸の匂いがする」と彼氏に言われることが多くありました。

当初は体臭か汗の匂いと思っていましたが、この前ついに匂いの元が発見されました。

それが、「口臭」です。なんと私の口臭は嬉しいことに「赤ちゃんの匂い」「石鹸の匂い」と安心できる香りのようです。

自分では、口の中に何か味が残っていて口臭が気になることがありましたが、そんな時も確認してもらっても、私の感じる嫌な味の臭いはないようです。

この経験から最近思いました。口臭とは、身体の中から出てくるもので、医薬品やエチケット商品などでは変えることができないのではないかと。

私は日頃から、バランスの取れた食事と適度な運動を心がけています。野菜を多く食べるようにはしていますが、お肉が大好きなので牛肉、豚肉、鶏肉、関わらず2日に1度は食べています。お酒も飲みますし、コーヒーも大好きです。ただし、毎日水を2L以上飲んでいますし、できるだけ歩ける距離は歩いて汗をかくようにしており、体内の循環を意識しています。

もしかしたら、そのように生活習慣を見直すことで、身体の中からきれいにし、口臭が変わっていくのかもしれません。

“口臭”という名の罪

口臭と聞いて何を思い浮かべますか?
おそらくほとんどの人はいい顔をしないのではないだろうか。

アリートを購入して子供に使わせた

文字通り、相手に不快な思いをさせる臭いを発することだ。もし相手に口臭があったら、あなたは何の躊躇なく指摘できるだろうか。口臭のやっかいなところは、家族やよっぽど親しい間柄を除き、それを指摘できないデリケートさにあると思う。
しかも一番の問題は、それを本人が気付いてないことだ。

昔、夕方の休憩時間に必ずカフェオレを飲んでいた先輩と近くで話すと、それはもう夕方時のストレスとコーヒー、何かのうやむやが入り混じった耐えに耐えられぬ臭いだったことを思い出す。
こちらもずっと言えないもやもやを抱えていたものだ。
しかし口臭を指摘することで、傷付けないだろうか、
関係がギクシャクするのではなかろうかと結局指摘できなかった。

口臭は自分が気付かず、相手に不快な思いをさせる
“罪”だ。だからこそ、エチケットは大事だと思う。
最近ではガムやいい臭いのするオシャレな口臭剤もさまざまでより手に取りやすいようになったと思う。

口臭が気になる人も気にならない人も普段の歯磨きの仕方を変えることや、歯間ブラシを使ってみる、または歯科医で診てもらうなど一度見直すのもいい機会かもしれない。

特に臭いは見えるものではないから、余計に気をつけたい。エチケットとは相手を思いやる最低限のマナーだと思うから。

あなたの口の臭いは大丈夫!?

口臭の原因は9割はお口の中に原因があります。

キラハクレンズの効果を徹底検証!

1.虫歯

虫歯がどんどん進行すると歯の神経まで進んでいきます。

歯の神経まで虫歯で進行してしまうときつい臭いが発生します。

小さな虫歯のうちに歯科医院で治療を受けましょう。

2.歯周病

歯周病は歯が埋まっている骨(歯槽骨)が溶けだし歯を支えられなくなり歯がぐらぐら揺れ、最悪の場合歯が抜けてしまう病気です。

歯周病になるとたくさんの細菌が歯と歯茎の間に発生し、有毒ガスを出します。これが口臭につながります。

3.歯垢(プラーク)

プラークは細菌の塊です。

毎日頑張って歯ブラシやフロス、歯間ブラシをしているつもりでも必ず磨き残しがあります。

定期的に歯科医院に来院し、プロフェッショナルケアをしてもらいましょう。

4.歯石

歯石は歯垢(プラーク)が硬く固まってしまったもので、歯ブラシで取ることが出来ません。

歯石がついたままになると歯周病へと進行していきます。

定期的に歯科医院にて、歯石を除去してもらいましょう。

5.舌苔(ぜったい)

舌の苔(こけ)です。舌の表面に白色?淡黄色の苔がついてきます。口臭の大きな原因となります。

舌ブラシや毛先の柔らかい歯ブラシで舌の後ろから前に優しくゆっくり動かして舌苔を取っていきます。

力を入れすぎてしまうと舌を傷つけてしまうので、優しく注意しましょう。

6.唾液の減少

唾液には洗浄効果、抗菌作用、粘膜保護の効果があります。

唾液の分泌が減少すると、お口の中は不潔になり乾燥し、口臭も出やすくなります。

たくさん口を動かしたり、食べ物を食べると唾液線が刺激され唾液が出ます。

7.入れ歯の清掃不良

入れ歯は臭いや色をとても吸収しやすいです。毎日、綺麗にし入れ歯洗浄剤も定期的に使用するようにしましょう。

8.口腔がん

お口の中のガンが口臭の原因になっていることもあります。何か異常や少しでも不安なことがあれば歯科医院に来院し検査てもらいましょう。

口臭の原因を探って改善するには

口臭の原因は、心理的なもの、口の中に生息する細菌がタンパク質を分解する事で発生するガスなどです。これらを取り除く事で、口臭を大幅に抑える事ができ、周囲に不快な思いをさせなくて済みます。

本音口コミ!ちゅらトゥースの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

細菌の増殖を抑えるには、唾液の分泌量を増やす方法があります。分泌量が減っているのであれば、噛みごたえのある物をよく噛んで食べたり、ガムを噛んだりすると良いでしょう。また、適度に水分補給を行って、口の中が渇かないようにするのも効果的です。

ストレスが原因で口が渇き易くなったり、口呼吸をする事が多いために口が渇き易いという事もあります。ストレスを減らす為にリラックスが出来る事を行ったり、口呼吸をしないように習慣をつける事も改善に繋がります。

歯と歯の間に食べ物のカスが溜まる事で、これを口内の細菌が分解して硫化水素やメチルメルカプタンやジメチルサルファイドを発生させますので、食べ物のカスを取り除く事は、口臭予防には大切です。方法としては、デンタルフロスや歯間ブラシを使うのが良いでしょう。また、これらを行う時間が無い場合は、ぶくぶくうがいをするのも効果的です。食事をした後には、食べ物のカスが溜まったままにならないようにするだけで、大きく改善出来ます。

マスクの中の口臭が気になったら

今まで私自身、口臭を感じた事はなかったのですがコロナ禍で外出の際ずっとマスクを着用する機会が増え、口臭が気になる様になりました。
お話ししている方でたまに口臭がすごくて胃腸が弱ってらっしゃるのかな?と内臓を心配する事がありますが、自分も自分では気付かないだけで臭ってたら嫌だなと人一倍口臭には気を遣い歯磨き粉などはとても念入りに行うのですが、マスクを付けているとあれ?と思う時がありました。

http://leseigneurdesrobots.com/

それ以来なぜそうなるのか考えて、今ではマスクを付けていても口臭が気にならなくなりました。歯をしっかりちゃんと磨くことはもちろん大事ですが、舌を磨くことも大事だと気付きました。舌には汚れがたくさんついていて、その中にはウィルスもついている事もあると聞きました。(舌磨きはインフルエンザ予防にも効果的とテレビで観ました。)

だからと言って汚れを落とそうと力いっぱいゴシゴシ舌を磨くのは良くないので、歯ブラシを使って優しく全体を磨くと舌も綺麗になり口臭も気にならなくなりました。舌磨き専用のブラシも売っているので、それを使いながら歯を磨くついでに舌を磨いたり、外出から戻ってきた時にうがいのついでに舌磨きしたりして口臭対策しています。今ではマスクの中も快適です!

そのイヤなお口の臭い、歯周病が原因かも!

近頃はマスクをつけることも多く、息がマスク内にこもることで、自分の口臭が気になる方も増えているとか。

http://www.safran-de-lectoure.com/

そんな口臭の原因にはさまざまことがあげられますが、その中でも特に年齢が30代以上に多いのが「歯周病」。

今や現代の慢性疾患の一つとも言える歯周病、特に年齢が30代以上になるとその罹患率は80%を超えると言われています。

では、なぜ歯周病が口臭の原因になるのでしょうか。

そもそも口臭の原因物質でよく取り上げられるのは、揮発性硫黄化合物といわれるものです。

その揮発性硫黄化合物のおよそ90%を占めるのが、硫化水素、メチルメルカプタンといわれる物質です。

ではこの二つの物質は一体どうやって作られるのでしょうか。

お口の中には、嫌気性菌と呼ばれる、つまり酸素がない状態で生息する菌がいます。

この嫌気性菌が、唾液や食べカス、血液などに含まれるタンパク質、アミノ酸を分解することで作られるのです。

歯周病の患者さんのお口の中にはこの嫌気性菌が多く、特に、歯茎と歯のすき間、いわゆる歯周ポケットと言われる所に付着している歯石に多く存在します。

歯周病は歯茎の炎症から始まる疾患なので、当然小さな出血も生じていますし、食事の後のブラッシングが滞ったりすると食べカスも残ります。

つまり、歯周病であるということは嫌気性菌が上記の二つの物質を作り出すのに格好の環境にあるということなのです。

さらに厄介なのは、この嫌気性菌を多く含む歯周ポケット内の歯石は、セルフケアでは除去できないということです。

口臭予防のためのデンタルリンスや歯磨き粉は根本的な解決にはなりません。

口臭を何とかしたい!と思っている方は、まずは歯周病になっていないかどうかを歯科医院でチェックしてもらうことが大切です。

その上で、必要であれば歯周病治療を受け、適切なセルフケアを行うことが、口臭対策の近道であるといえます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

口臭を防ぐアイテムについて

初めてできた彼女とイチャイチャしながら、キスをする時、「〇〇君、口臭いよ」と言われました。キラハクレンズの最安値通販や購入して使用した効果などを暴露!

その時は結構ショックでそんな馬鹿なと思いましたが、自分の臭いは自分では気づけないと思い、口臭があると知りました。

その後、彼女から「モンダミンって知ってる?それ買ってきてうがいした方がいいよ」と言われました。

モンダミンという物自体、初耳であった為、色々調べてみると「口臭ケアの液体」である事がわかりました。

さらにコンビニで売っていて価格も400円くらいと薬液としては安い為、すぐに近くのファミリーマートに行き、モンダミンを買いました。

実物は200mlくらいの小さめの容器に入った薬液で、ほぼ透明です。使い方は、まず容器の蓋を取り、蓋に薬液を入れる。そして入れた薬液を口の中に入れ、30秒ほどうがいする。そのうがいを2?3回繰り返せばOKというものです。

実際にやってみると、口の中がスースーしてスッキリした感じになりました。舌も含めて薬液が臭いを消す様な感じです。

モンダミンの効果で、彼女とのキスも嫌がられずに済んだと思います。自分の臭いは自分では気づけないため、仲のいい人に指摘してもらう事がいいと思いました。

以降、彼女が教えてくれたモンダミンは携帯してます。

口臭が気になり始めたきっかけ

数年前から自分の口臭について悩みはじめました。

ブレスマイルウォッシュは販売店での市販なし…!

そのきっかけは、家族から指摘されたことです。ある日旅行に行くために家族と電車に乗り、並んで座っていたときのことです。隣り合わせていた姉と楽しくおしゃべりをしていたところ、ある瞬間にその姉が変な表情を浮かべました。「どうしたの?」と心配になって聞いてみると、とても言いずらそうに「実は、、、あんたの口臭が匂ったんだよね」と言われました。

私はその言葉にとてもショックを受け、“他の家族や友人にもそう思われていたのかな?”“自分は接客業だから、まさかお客さんにまで不快な思いをさせてしまっていたのかな?”とその瞬間にいろいろな不安が頭を駆け巡りました。その後の旅行中はもちろん、それを言われた日からは常に口臭を気にして過ごしてきました。話す距離が近いときや、食事の後、起床時は特に。

しかしそれをきっかけに、口臭を抑える歯磨き粉やマウスウォッシュ、こまめに口をゆすぐことや歯間ブラシを使うこと、また、これは効果があるのかわかりませんが、自分なりになるべく息を吐き出さない話し方を心がけるようにしたお陰か、姉からは「最近、匂わなくなったね」と言われ、すごく安心しました。

そう言われた安心感と、コロナの影響で常にマスクをつけるようになったことも相まって、最近は昔ほど口臭を気にする時間は減りました。口臭は人とコミュニケーションをとる上で大切なことの一つであると考えています。これからも、適度に口臭のことを気にしながら生活していこうと思っています。

口の中の臭いは原因は様々

口臭はどのようなことで生まれるのか、といえば主に雑菌的なものからです。http://keepournetfree.org/

口の中にいるバクテリアが繁殖することによって、口の中の匂いというのは悪くなるということになりますのでこれはかなり良く知っておいたほうがいいことになるでしょう。

つまりは、バクテリア計はどうしても臭い物質を作り出すということになるので酸っぱい香りなどがよく出たりします。意外と勘違いされがちなのがいい匂いの強い食べ物によって発生するということです。

そうしたことがないわけではないのですが、あんまりメインとなるようなことではないです。

大事なのはなんといっても雑菌なのです。ですから、この雑菌をどうしようか、ということを考えてみることです。しかしそれだけでもないのでなんといってもまずは口臭の原因を特定する、ということです。例えば虫歯が原因ということもあるわけです。歯垢が原因である、ということもあります。

こうしたことであれば治療するということで口の中の香りというのは改善することになります。しかし、お金もかかることになりますから、その点は覚悟しておきましょう。ですが、雑菌などはよろしくないことは間違いないわけですから、これはとても重要なことです。