自分の胸と付き合っていく

幼少より習い事で激しい運動をしてきました。
明らかに学校の同級生たちと比べると貧乳で、高校あたりから気になるようになってきました。

ルルクシェルくつろぎ育乳ブラの本音口コミ!かゆいという悪い評判は本当なの?

そこまで巨乳への憧れはないものの、水着や服を着た時にわずかな谷間でも出来ればと思ったこともあります。

10代の頃は詰め物をしてでもバストアップして見せる勢いで過ごしたこともありますが、痩せ型で贅肉もないので無理やりバストを寄せるのが痛くなったりして、いつしか諦めました。

彼氏が出来て、「胸には別に興味ないから」って言われてほっとしたり、「でも、ないよりある方がいいんだよね?」って自分で思ったりしてました。

大人になり、恋愛の時にいいなと思った人の中で、どんなにアプローチしても反応が返ってこないタイプの人は、総じて巨乳好きというのがお決まりでした。
ある意味「あ、それなら仕方ないな」とすぐ諦められたので自分自身で体型に納得することは大事だと思います。

同じく貧乳の友達が、出産した後は一時的に巨乳になったと笑っていたので、その時は私も記念写真ぐらい撮っておこうと思っています。

お仕事などで仕方がない人以外は、豊胸とか薬とかに任せて無理をせずに、誰よりも長く付き合っていく自分の身体、好きになるしかないですし個性と思って肯定してあげるのが正しいような気がします。