20代後半からの肌悩み

私は今、肌の悩みがたえません。ロザリティウォータリーマスク

20代も後半に差し掛かりアラサーという言葉が似合うようになってきました。

そんな私は20代前半の頃は大学生で高校生の頃に比べて美意識も上がり

自分のお財布の中も自由に使えるお金が増えてきた頃でした。

周りの友達からのエステの紹介もあり、エステの無料体験にいくことも

多くなりました。そこで決まってエステの勧誘がありましたが

20代も始まったばかりの私には特に肌の悩みもなく当時の私なりには

少しあったかもしれませんが、今に比べてみたら少し気になるなくらいのもので…。

エステティシャンのお姉さんに今のうちに始めていれば20代後半になると

肌が荒れ始めるよなんて言われていたことを今になって思い出します。

言葉ではなんと言われようと危機感は実際に起きてからじゃないと

つくづく感じられないものだなと。

そんな私はほうれい線や顔のたるみに悩まされ、

「リフトアップ」というカタカナに惹かれ久しぶりにエステに行ってきました。

ほうれい線や顔のたるみは顔をどうにかするというよりも

肩凝り、目の疲れ、頭の凝り、首の凝りといった上半身のそれ以外の部分から

影響してくることを知りました。そういった凝りの原因としてもさらに

「姿勢」からきています。体の姿勢を整えることで負荷のかかっていた部分が

楽になり正しい姿勢でいることで見た目も全て改善されていくことを知りました。

エステに行ってみて、気持ちが良かったなだけで終わらせずに

得た知識と継続して意識し続けるためにも通うということができればより良いだろうと思いました。